印刷物をかたちにする

  • 投稿日:
  • by

こんにちは、私は平成10年に入社し現在まで製本を担当しています。

印刷には色々な工程がありますが、その中で最終工程にあたる製本について少しだけ触れてみます。入社当時あった製本機械はこの10年で殆どが新しい機械に変わりました。

求められるものが変われば機械もどんどん変わって行きます。今ではスピードと、仕上がりの美しさを一度に手に入れる事が出来るようになりました。その中の製本機械をちょっとだけ紹介します。

紙折り機 印刷された用紙を目的に合わせて色々な形に折る事が出来ます。

丁合機  印刷された用紙を順番にし、束にする事が出来ます。

中綴じ折機 丁合機と連動し中綴じ製本、針金製本、コーナー綴じ等が出来る機械です。

製本機  丁合機で丁合後の用紙をセットすると、背に糊付けして表紙をくるみ、本になって出てくる機械です。

裁断機  製本機で出来上がった本を化粧断ちします。きれいな本の完成となります。


大まかですがこれらの機械を使って印刷物を形にするのが製本作業です。
これからもお客様に感謝し喜んで頂ける様な仕事を心掛けて参ります。宜しくお願いいたします。                   

                                製本のあんちゃん


shoyo_logo.gif