マーケティングの重要性

  • 投稿日:
  • by

おかげさまで、弊社は理解あるクライアント様、優秀な制作スタッフによって、クオリティの高い制作物を世に送り出す事ができています。

昨今は、綺麗なカタログ、パンフレットのみならず、販売促進、販売計画といったご相談を受ける機会が増えてきました。

弊社は、クライアントの「想い」をどう具現化していくか...を常に心がけています。

なぜなら、広告の本質とは「作品」ではなく、「クライアントのコミュニケーション上の課題解決をする手段」に他ならないからです。

例えば、お客様から新商品を売り出したいからと、カタログ、ポスターの発注を頂いたとします。

印刷会社の営業ではありますが、まずは真っ先に媒体特性やゴールイメージを考えます。

この商品を売り出し、良い結果を生み出すためにするべきことは何か?

ターゲティング(標的市場)や、各種リサーチ、といったマーケティングの重要性をお客様にご理解頂き、場合によっては、印刷物以外の媒体をご提案します。ローカル企業の場合、商品開発、宣伝の予算には限りがあり、少ないコストで臨まなければなりません。当然、そのほとんどが社運が掛っている場合が多いのも事実です。

この会社の、この産地の、この商品でなくてはならないという、消費者への動機づけの部分も充分考慮する必要があります。

どこの製品でも遜色ないというものは多く存在し、地元産、NB産の住み分けも希薄な時代、効率や利便性を重視する消費者はますます、ネットで地域に関係なく購入という社会環境です。成熟した現代社会に於いては当然と言えるでしょう。

製品が商品に変わる時こそ、広告・PR以前にマーケティングの概念が必要になります。

弊社は常にクライアント様の広報・宣伝部隊の一員という視点、「世間の関心事・世間の空気」が分かる、一消費者という視点で、様々なメディアを活用した最善・最良の方策をご提案するよう心して望んでいます。

                                                    営業部 T